街ingメーカー2.1 大都市づくり計画

このブログでは街ingメーカー2.1で街づくりをしていく過程をつれづれなるままに つづっていこうと思います。めざせ、大都市!

街ingメーカー2.1 大都市づくり計画 第55日目

《十人十色の社員たち》

f:id:senbatiharu:20190204131458j:plain

インディソフトウェアA」なる奇妙な企業を発見。

Aってことは、BとかCとかもあるのか?

興味がわいたので訪ねてみることに。

 

 

 

 

f:id:senbatiharu:20190204131648j:plain

おっさん、青年、腰の曲がったおじいちゃん・・・。

なんだこの社員のバラつきは!?

みんな私服だし、なにかの同志がそのまま集まったかんじ。

大学のサークルみたいだ。

 

 

f:id:senbatiharu:20190204131917j:plain

さらに奥の三人をみると、子供っぽい容姿の男二人とセクシーなお姉さんが。

老若男女とわず、フリーダムに雇ってるみたい。

これは異色の企業だ。

 

 

 

f:id:senbatiharu:20190204132642j:plain

社員の中道富也くんに話しかけてみる。

じゅ、18才だと!?

 

未成年なのに立派に職を持っちゃって、感心しちゃうよ。

紹介欄では「少年」って書かれちゃってるけど。

 

 

 

 

f:id:senbatiharu:20190204132232j:plain

横の柳澤賢二くんは成人でした。

中・高学生と見た目が変わらない青年というのもなかなかかわいい。

 

「こんな日は大家族のうちじゃ、布団干すだけで重労働なんだろうなー。」

もうこの企業が大家族みたいなもんでしょ?

 

 

 

 

 

f:id:senbatiharu:20190204133602j:plain

この会社のリーダーらしき野津幸治さんはよりによってダメおやじ

「いい天気だねェ、おれっちのデコまで光っちまうよ」

大丈夫なんでしょうか、この会社。

 

ってかさっきから天気の話ばっかりですね。団結力の表れでしょうか。

 

 

そして、「インディソフトウェア」がなにをする会社なのか

結局分かりませんでした・・・。

 

 

 

 

 

 

《十人十色の企業》

f:id:senbatiharu:20190205131010j:plain

次はカフェグルーヴなる企業を訪問。

みたところカフェというより事務所だし、複数のカフェを経営してる本拠地と考えればいいのかな?

 

やり手の青年浜田寿人さんはショップの知り合いが多し。

 

「どうでもいいことだけどさ、『百貨店』と『セレクトショップ』どっちが好きなの?」

 

本当にどうでもいいこと聞くな・・・。

 

 

 

 

 

f:id:senbatiharu:20190205130937j:plain

オタク系の塚田祟くん。

「ど、どうもは、はじめまして、おらは、塚田という。

あ、あの・・・そ、そんじゃ!」

 

私に恐れおののいているんでしょうか。

これだけシャイを前面におしだしてくる人も珍しい。

 

 

 

 

 

 

f:id:senbatiharu:20190205131045j:plain

こちらは税理士のオフィス。

 

「あなたがチハルさんですね。

企業の法人税所得税相続税などの税務に関する申告、書類作成や税務相談に応じ会計帳簿を代行するのが・・・」

 

 

わ~っ、話がかたい!!!!

 

セリフの八割が漢字で埋め尽くされています。

税って字を一度にこんなに見たのははじめてだよ。

 

 

 

f:id:senbatiharu:20190205131038j:plain

「女性を楽しくお酒を飲むのっていいっすね~」

「早朝のジョギングは健康にいいっす。ご一緒にいかがっすか?」

 

堅苦しい職場に砕けた遊び人登場。

横のオヤジとのギャップが激しすぎる。

この二人でやってるみたいだけど、

ちゃんと釣り合い取れてるんだろうか。

 

 

 

f:id:senbatiharu:20190205133523p:plain

 

今日はここまで。

インディソフトフェアを調べたら、ゲームソフト会社でした。

このゲームのメーカーでもあります。実在する株式会社ですよ。

なんでA、Bとわけのかは謎。

 

 

 

 

≪54日目     56日目≫